フルリフォームと建て替えの違い|メリット・デメリットまとめ

築年数の経った住宅では、適切なメンテナンスが必要になってきます。

そこで気になるのが「フルリフォームと建て替えの違い」という疑問です。

本記事ではフルリフォームと建て替えの主な違いや、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

これから住宅のリフォームを検討されている方は、ぜひご参考にしてみてください。

 

>関連コラム:2023年 リフォームで補助金がもらえる?「こどもエコすまい支援事業」について

 

 

フルリフォームと建て替えの違い

ここではまず、フルリフォームと建て替えの違いについて解説します。

どちらも同じようなイメージがあるかもしれませんが、実は範囲や方法が違います。

大まかな違いを知ることで、住宅のリフォームプランに生かしましょう。

 

フルリフォームとは

フルリフォームとは、建物の大部分をリフォームすることを指します。

内装や外装だけでなく、配管や電気設備といった部分の工事も行うのが特徴です。

大規模に間取りを変更することも多く、骨組みだけを残す「スケルトンリフォーム」もフルリフォームに該当します。

フルリフォームの特徴をまとめると、下記のようになります。

  • コスト効率が高い
  • リノベーションや内装の更新
  • 短い工期

フルリフォームは、既存の建物を一部または全体的に改装するもので、基本的な骨組みや構造はそのまま利用します。そのため、建て替えに比べてコストが抑えられる傾向があります。

また内装や外装、設備などを更新し、新しいデザインや機能を取り入れることができます。建物の基本的な構造があるため、工期が短く、早く完成させることが可能です。

 

建て替えとは

建て替えとは、名前の通り建物を一度取り壊してから立て直すことを指します。

更地にして基礎から工事を行うため、高性能で機能性も高い新築住宅が建てられます。

建て替えの特徴としては、下記のポイントが挙げられます。

  • 完全な新築住宅になる
  • 最新の設計と構造
  • 高い自由度とカスタマイズ

建て替えでは、既存の建物を解体して、基本的な構造から新たに建て直します。

建物全体のデザインや構造を新しく設計し直すことができ、最新の高性能住宅が叶うのが特徴です。

新築のため、設計段階から建物の構造や間取り、外観などを自由にカスタマイズできます。

 

まとめると、フルリフォームは既存の建物の改装に焦点を当て、コストや工期が比較的短く、一部の改装や更新を行います。

一方で、建て替えは完全な新築であり、建物全体のデザインや構造を自由に設計し直すことができますが、コストや工期が比較的高くなる傾向があります。

どちらを選ぶかは、予算やニーズ、建物の状態などを考慮する必要があるでしょう。

 

フルリフォームのメリット・デメリット

まとめ│50代のリフォームは長期視点を大切に

フルリフォームのメリットとしては、下記が挙げられます。

  • コスト効率が高い
  • 工期が短い
  • 環境への負荷が低い
  • 歴史や価値の継承

フルリフォームは、建て替えに比べてコストが抑えられます。既存の基本構造を活用するため、新築に比べて経済的です。

また基本構造があるため、工期が短く、早く完成させることができます。これは住宅を早く利用したい場合に有利です。

そして建物を一部再利用するため、新しい建材の生産や廃棄物の削減など、環境への負荷が低く抑えられます。

既存の構造をベースにしながら、ニーズに合わせて内装や外装の改装を行うため、使いやすい住空間を実現できます。古い建物の価値や歴史的な要素を残しつつ、現代の暮らしに合わせた改装が可能です。

 

一方でフルリフォームのデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 制約があるデザインの変更
  • 老朽化や損傷の問題
  • 一時的な生活の不便さ

既存の基本構造を利用するため、一部のデザインや構造の変更に制約があります。完全な自由度はない場合があります。

また基本構造を活用するため、構造的な制限がある場合があり、大幅な構造変更が難しい場合があります。

既存の建物が老朽化している場合や構造的な問題がある場合、それを解決するための追加コストが発生する可能性があります。

工事期間中は一時的に生活する空間が制限されたり、騒音や塵などの影響を受けるため、一時的な不便さが伴います。

フルリフォームは比較的コスト効率が高く、環境への負荷が低いため、建て替えよりも選択されるケースが多いですが、制約や構造的な問題に注意が必要です。

 

フルリフォームがおすすめなケース

フルリフォームは以下のようなケースにおすすめです。

  • 古い建物を購入したい
  • 予算が限られている
  • 早く住むことが必要
  • 環境に配慮したい
  • 歴史的な価値や雰囲気を保ちながら改装したい

 

フルリフォームでは、古い建物を購入してリノベーションしたい人に向いています。また建て替えに比べてコストが抑えられるため、予算が限られている場合にも適しています。

建て替えに比べて工期が短いため、急いで住む必要がある人にも向いているでしょう。

既存の建物を再利用することで、新しい建材の生産や廃棄物の削減など、環境への配慮がある人に適しています。

古い建物の歴史的な要素や雰囲気を保ちながら、現代の快適さや機能を取り入れたい人に向いています。

フルリフォームでは、既存の建物を活用しながら、新しいライフスタイルやニーズに合わせた住まいを作り上げることが可能です。ただし建物の状態や目的、予算などをよく考慮した上で計画することが重要です。

 

茨城県で住まいの悩みを抱えている人へ

壁・床・天井にシミがある。もしかすると"夏型結露"かも。
不安に思う人は、現状確認だけでもご依頼ください!

>茨城県で住まいの相談をするなら『エヌエス創建』まで

 

建て替えのメリット・デメリット

『50代のリフォーム』業者はどう選べばいい?

建て替えのメリットは、下記にまとめられます。

  • 完全なカスタマイズが可能
  • 最新の設備や技術を導入できる
  • 将来的な価値の向上
  • 長期的なメンテナンスコスト削減

 

建て替えでは、新築と同様、建物のデザインや構造を自由にカスタマイズできます。新しい建材や最新の設備を導入できるため、エネルギー効率やセキュリティの向上などが可能です。

新しい建物は耐久性が高く、メンテナンスコストが低い傾向があります。新築や近代化された住宅は将来的な再売価値が高くなる可能性があるでしょう。

家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、新しい住環境を創造できます。

 

一方で建て替えのデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • コストが高い
  • 工期が長い
  • 環境への負荷が大きい
  • 工事中は住めない

建て替えはフルリフォームに比べて建て替えはコストが高く、完成までに多額の費用がかかります。また完全な新築のため、建物を建てる工程が必要であり、フルリフォームよりも時間がかかります。

新たな建築に伴い、建材の生産や古い建物の解体による環境への影響が考えられます。新築には地方自治体の規制や許認可が必要であり、手続きが複雑で時間がかかる場合があります。

建て替え工事中は住むことができないため、一時的な住まいの確保や移動が必要となります。

建て替えは理想の住まいを実現するための選択肢であり、将来的な満足度や再売価値を高める可能性がありますが、高いコストと手続きの複雑さに注意が必要です。また、環境への影響も考慮しながら、検討することが重要です。

 

建て替えがおすすめなケース

建て替えは、以下のようなケースでおすすめです。

  • 老朽化や構造的な問題が深刻な建物
  • 理想的な住環境やデザインがある
  • 投資目的で不動産を取得する
  • 将来の家族構成やライフスタイルの変化に対応したい
  • 地震や災害のリスクを軽減したい

 

一般的には、既存の建物が老朽化しており、大規模な改修やリノベーションが難しい場合に建て替えを検討します。建て替えでは、理想的な間取りやデザイン、設備、エネルギー効率の良い住宅を実現できるでしょう。

また不動産投資として、将来的な価値向上を見込むために新築の建物を建てたい人にも向いています。将来的な家族構成の変化やライフスタイルの変化に備えて、住環境を新築でカスタマイズしたい人に適しています。

新築住宅になるため、地震などの災害に強い構造の建物を建てたい人に適しています。

これらのケースでは建て替えが適切な選択となり、理想的な住環境を実現するための手段となります。ただし、コストや手続き、工期、環境への影響などを考慮して検討することが重要です。

 

茨城県で住まいの悩みを抱えている人へ

新築を計画している人、リフォームを検討している人。
壁体内結露計算も行うエヌエス創建にご相談ください!

>茨城県で住まいの相談をするなら『エヌエス創建』まで

 

まとめ|新しい住まいで快適な暮らし

>施工事例:夏型結露にも有効な断熱・気密リノベーションを施した古家(石岡市)

>施工事例:夏型結露にも有効な断熱・気密リノベーションを施した古家(石岡市)

本記事では、フルリフォームと建て替えの違いやメリット・デメリットについてご紹介してきました。

現在お住いの住宅がどちらに向いているかは、状況によって異なります。

まずは現状の確認だけでも、お近くのリフォーム業者に依頼してみましょう。

 

茨城県の新築・リフォームは「エヌエス創建」まで

エヌエス創建は、茨城県石岡市に本社を有する、地元に根ざした工務店です。
新築・リノベーション・各種リフォームから解体工事まで、家づくりに関わる一切をご依頼頂けます。
どんな工事でも、真心こめて、丁寧に対応させて頂きます。

【施工エリア】
石岡市・小美玉市・かすみがうら市・行方市・土浦市・牛久市・つくば市・つくばみらい市・竜ケ崎市・笠間市・筑西市・桜川市・茨城町・水戸市・ひたちなか市

茨城の工務店 エヌエス総研の新築工事

茨城の工務店 エヌエス総研の耐震・断熱リノベーション

茨城の工務店 エヌエス総研の水回り・内装リフォーム

茨城の工務店 エヌエス総研の屋根・外装リフォーム

茨城の工務店 エヌエス総研のエクステリア工事

茨城の工務店 エヌエス総研の解体工事

エヌエス創建株式会社
〒315-0012 茨城県石岡市北府中2-11-70
TEL:0299-24-0930
FAX:0299-24-0938

著者情報

エヌエス創建株式会社

エヌエス創建は、住む人が快適で健康に住めるような家創りをしたい。大切なお家をお客様と共に創り上げる。その思いから、1棟1棟に心を込めて家創りをしております。

何かあった時にすぐに相談出来る、住まいのパートナーとして末永いお付き合いをしていただけますよう、真心こめて、真っ直ぐ丁寧に対応させていただきます。

【許可・登録】
・一般建設業 茨城県知事許可 第36011号
・ハウスプラス届出事業者 新築 事業者番号 F-78968
・リフォーム 事業者番号 J-81536

ソーシャルメディア

InstagramLINE

    • 1情報入力
    • 2確認画面
    • 3送信完了
    お名前
    メールアドレス
    ご用件
    お問合せ内容
    上記内容で間違いなければ送信をお願い致します